<strong id="ygisb"><ruby id="ygisb"></ruby></strong><em id="ygisb"><video id="ygisb"></video></em>
        <nobr id="ygisb"></nobr>
        <blockquote id="ygisb"><i id="ygisb"></i></blockquote>
        1. ?
          雙旦拿”福袋“ 報名有驚喜---未名天日語寒假班
          北京未名天日語培訓學校2014年12月n1n2考前沖刺班
          撥打電話圖標 400-6602-400 ×
          領取價值880元的試聽課程
          學日語
          ??課程分類
          在線報名



          ??校區分布
          電話: 010-62760081
          手機: 15901531168
          北京市海淀區知春路泛亞大廈4層401室
          免費日語學習寶典
          您的位置:首頁>日語學習> 在線測試>JLPT>日語能力測試二級真題閱讀模擬題(38)

          ?日語能力測試二級真題閱讀模擬題(38)

          作者:未名天日語培訓學校 來源:未名天日語 時間:2019-07-21 ?
          分享到:
            各位考生們在備考的過程中都會看大量的資料以及做大量的習題,在日語學校培訓的同學老師也會給大家梳理重要知識點,如果在考試之前還是無法掌握自己真實水平的話,就來真題模擬檢測下吧,下文是日語能力測試二級真題閱讀模擬題(38),希望能夠幫助同學們順利突破能力考,如果想更好的學習日語,也希望大家來報名北京日語培訓—未名天日語學校的考級輔導面授班!
           
            次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。答えは、1、2、3、4から最も適なものを一つ選びなさい。
           
            自分の飼っている犬は泣いたことがあると主張(しゅちょう)する人がいる。またある種の記述によれば、(注1)サーカスで飼われている象は涙を流すという。(注2)ヒト以外にも涙を流す動物がいるのだろうか。(①)②これらの報告は、非科學的な誤った記述なのだろうか。そうではなく、一見奇妙(きみょう)に思えるこれらの報告は、二種類の異なった涙を同じものとしてしまった誤りのように思われる。というのは、ヒトにおいては、感情が高ぶったときに流される涙(感情の涙)と、目にゴミが入ったときなどに流される涙(連続性の涙)は、明確に區別されているからである。
           
            この區別には、いくつかの証拠(しょうこ)がある。たとえば、目の表面に麻酔(ますい)をかけると、「連続性の涙」は止まってしまうのだが、「感情の涙」は影響を受けない。目に麻酔をかけられた人は、煙(けむり)にさらされよ(注3)うが、目にゴミが入ろうが涙が出なくなるのだが、悲しみによって涙を流すことは(注4)依然(いぜん)として可能なのである。
           
            ここで再(ふたた)び動物が流す涙について考えてみる。(③)、(注5)そもそも目を(注6)うるおすという生理的な目的のために流される「連続性の涙」については、(注7)霊長類(れいちょうるい)はもちろん、動物全般にごく普通に共有されているものであろうことは容易に想像がつく。実際ある種の海鳥は、海水に含まれる塩分から目を守るために、「連続性の涙」を流すことがある。
           
            しかし、(ア)については、正確で信用できるような報告はない。動物が(イ)を流したといういくつかの報告は、この(ウ)を過剰(かじょう)に解釈(かいしゃく)したものが多く含(ふく)まれるように思われる。結局、真の問題點は④動物の內的狀態がわからないということにあるのだが、この點は今後、涙とは別の客観的な指標(しひょう)を用いて、動物の內的な狀態を推側することで解決できるものと思われる。
           
            だが、ここで重要なことは、「感情の涙」がヒト以外の動物にもあるのかということよりは、むしろそれがヒトに特徴(とくちょう)的にみられるという點である。⑤「感情の涙」こそ、ヒトという生物を考えていく上で重要なのである。
           
            (金沢創「『涙』の進化論」による)
           
            (注1)サーカス:多くの動物を使って、曲蕓などを興行しながら各地を巡業する旅蕓人の団體。
           
            (注2)ヒト:生物學的に分類するとき人類。
           
            (注3)~うが~うが:~ても~ても、関系なく
           
            (注4)依然(いぜん)として:元のままである様子。
           
            (注5)そもそも:はじめから。元來。
           
            (注6)うるおす(潤す):水分を含ませる。濕(しめ)らす。
           
            (注7)霊長類(れいちょうるい):サルやヒトの仲間。
           
            問1:(①)に入る適當な語はどれか。
           
            1.それとも
           
            2.しかし
           
            3.そして
           
            4.さらに
           
            問2:②「これらの報告」について、筆者はどのように考えているか。
           
            1.ヒト以外の動物も感情の涙を流すことがある。
           
            2.ヒト以外の動物が感情の涙を流すことはない。
           
            3.感情の涙と連続性の涙を混同している可能性がある。
           
            4.ヒト以外の動物が涙を流すかどうか、まだ確認できていない。
           
            問3:(③)に入る適當な語はどれか。
           
            1.すると
           
            2.だから
           
            3.それでは
           
            4.それでも
           
            問4:ア、イ、ウに入る語の組み合わせとして、正しいのはどれか。
           
            1.ア:連続性の涙イ:感情の涙ウ:連続性の涙
           
            2.ア:感情の涙イ:感情の涙ウ:連続性の涙
           
            3.ア:連続性の涙イ:二種類の涙ウ:感情の涙
           
            4.ア:感情の涙イ:連続性の涙ウ:二種類の涙
           
            問5:④「動物の內的な狀態がわからない」とあるが、具體的には何がわからないのか。
           
            1.ヒト以外の動物はどのようなときに涙を流すのか。
           
            2.ヒト以外の動物の動物が流す涙は、感情の涙か連続性の涙か。
           
            3.ヒト以外の動物は何のために涙を流すのか。
           
            4.ヒト以外の動物にもヒトと同じような感情があるのかどうか。
           
            問6:⑤「『感情の涙』こそ、ヒトという生物を考えていく上で重要なのである。」とあるが、筆者が主張したいことは何か。
           
            1.「感情の涙」を流すかどうかこそが、ヒトとヒト以外の動物の違いを示す指標である點が重要だ。
           
            2.ヒト以外の動物が「感情の涙」を流すかどうかということより、ヒトが感情を持ち、感情の涙を流す動物だということが大切だ。
           
            3.ヒト以外の動物が「感情の涙」を流すかどうかということを研究しても、ヒトの生活を向上させる上で何の役にも立たない。
           
            4.ヒト以外の動物が「感情の涙」を流すかどうかという研究は、ヒトという生物を知る上でも重要な研究である。
           
            【參考答案】
           
            問1:1
           
            問2:3
           
            問3:1
           
            問4:2
           
            問5:4
           
            問6:2
           
            【參考解析】
           
            問1:「~か、()~か」という選択になっている。
           
            問2:1は明らかな間違い。2は:「感情の涙を流すことはない」と斷定している點が誤り、
           
            4は「感情の涙」でなく、単に「涙」となっている點が誤りとなる。
           
            問3:前の文と後ろの文の関係はどうなっているか。逆説でもなく、「原因→結果」でもない。
           
            なお、「それでは」の後には人の意志行為や呼びかけがくる。
           
            問4:一度入れて読んでみる。アが「感情の涙」とわかれば、選択肢は二つしかない。
           
            問5:「連続性の涙」か「感情の涙」かを知るための、「別の指標」は?
           
            問6:1と3は明らかな間違い。2か4かになるが、前の一文に注意する必要がある。筆者は、
           
            「感情の涙」がヒトに特徴(とくちょう)的にみられることを重要だと考えている。
           
            以上就是日語能力測試二級真題閱讀模擬題(38),考前日語培訓很重要,希望上述文章能夠幫助到大家,感謝閱讀!如果您想要了解更多信息,歡迎繼續訪問北京日語培訓—未名天日語學校的官方網站!
           
          ? 黄片网址在线