<strong id="ygisb"><ruby id="ygisb"></ruby></strong><em id="ygisb"><video id="ygisb"></video></em>
        <nobr id="ygisb"></nobr>
        <blockquote id="ygisb"><i id="ygisb"></i></blockquote>
        1. ?
          雙旦拿”福袋“ 報名有驚喜---未名天日語寒假班
          北京未名天日語培訓學校2014年12月n1n2考前沖刺班
          撥打電話圖標 400-6602-400 ×
          領取價值880元的試聽課程
          學日語
          ??課程分類
          在線報名



          ??校區分布
          電話: 010-62760081
          手機: 15901531168
          北京市海淀區知春路泛亞大廈4層401室
          免費日語學習寶典
          您的位置:首頁>日語學習> 閱讀精講>一級>日語培訓N1閱讀精講:防災意識(防災意識)

          ?日語培訓N1閱讀精講:防災意識(防災意識)

          作者:未名天日語培訓學校 來源:未名天日語 時間:2018-03-13 ?
          分享到:
            三月正是讀書與學習的大好時光,不論你是準備考研、法考還是日語等級考試,還請你務必抓緊時間來進行學習!參加日語等級考試,最大的難關就是閱讀了。提升閱讀能力沒有別的方法,就是要日積月累地做練習題,不論是模擬題還是真題,都要做。本文就給大家分享日語培訓N1閱讀精講:防災意識(防災意識)。如果大家有今年就要通過日語N1考試的緊迫性,不妨來參加未名天日語學校的日語培訓面授班!
           
            學者はいう。「この地方に數年あるいは數十年ごとに津波の起こるのは既定の事実である。それなのに、これに備えることもせず、うかうかしているというのは、そもそも不用意千萬なことである。」
            被災者側にいわせれば「それほど分かっていることなら、なぜ津波の前に間に合うように警告を與えてくれないのか」。
            これは、昭和八年に三千八人の死者を出した三陸地震津波の際、寺田寅彥が書いた隨筆「津波と人間」の一節である。五十五年を経た今日も、狀況はそれほど変わっていないのではないか。
            災害は、自然界の法則に従って、忘れずに必ずやってくる。それが「忘れたころ」になるところに、人間界の弱みがある。
            東海地震の切迫が警告され、大規模地震対策特別措置法ができてから十年になる。靜岡県を中心とした指定地域では當初、住民の防災意識が盛り上がったが、最近では、「こないじゃないか」と、警戒心が薄れ、備蓄品の更新などを怠る傾向が出てきたことを防災閨係者は心配している。この夏、伊豆半島東方沖で起きた記録的な群発地震で、ノイローゼ狀態になったのはイヌやネコで、人間の方はそれほど気にしていなかったそうだ。A笑い話として済ませられるだろうか。
            自然は先を急いでいないだけで、危険が減ったわけではない。ところが、人間には、危険な情報は無視したいという心情がある。社會心理學ではB「正常化の偏見」というが、これが、警告や警報の軽視につながり、災害を大きくする要素になる。
           
            [問1] 文中のA「笑い話」とは何のことか。
           
            ①來ない地震におびえて、防災に夢中になったこと。
            ②群発地震でノイローゼ狀態になったのは人間ではなくイヌやネコだったこと。
            ③地震が心配でノイローゼになる人がいること。
            ④法律を作って地震対策を進めたが、10年たっても何も起きなかったこと。
           
            [問2] 文中のB「正常化の偏見」とはどういうことか。
           
            ①危険を知らされても、大丈夫だ、平常と変わりないと信じたがる気持ち。
            ②常に危険だと言われ続けると、それが普通の狀態になって、危険を感じなくなってしまうこと。
            ③危険を警告されると、日常生活が亂されるので、そのようなことは知りたくないと思うこと。
            ④自然界は危険に満ちていて、それで普通の狀態なのだから、多少の危険は當然だと思うこと。
           
            [問3] 現在の防災対策の狀況はどうなっていると言っているか。
           
            ①防災意識が高まり、対策は順調に進んでいる。
            ②災害が予知できるようになり、対策が立てやすくなった。
            ③國の対策が非常に進んだので、かえって個人の警戒心が緩んでしまった。
            ④災害が起こることはわかっているが、対策はなかなか進まない。
           
            答案:[問1]②[問2]①[問3]③
           
            解說:
           
            [問1] 提出的問題是,文中的“笑話”是指什么。
           
            這是指代前面提到的在伊豆半島的地震中,“ノイローゼ狀態になったのはイヌやネコで、人間の方はそれほど気にしていなかったそうだ”(據說精神不安的只是貓狗之類的,人卻沒什么感覺),所以答案為選項②。
           
            [問2] 提出的問題是,什么是“正常化的偏見”。
           
            文章在最后一段中提到,自然災害總是要發生的。但“人間には、危険な情報は無視したいという心情がある”(人總有一種想無視危險信號的想法),所以答案為選項①,即“即使知道有危險,但仍然相信沒什么大不了、會跟往常一樣的心情”。
           
            [問3] 提出的問題是,現在的防災對策的情況如何。
           
            文中舉出一個靜岡縣的例子。在被列為可能發生的東海地震的中心的時候,居民的防災意識很強,但最近“警戒心が薄れ、備蓄品の更新などを怠る傾向が出てきた”(出現了警戒心降低、不勤于更新儲備品的傾向),也就是說國家方面的措施是得當的,但個人重視程度不夠。所以答案為選項③。
           
            其他選項的譯文:
           
            [問1]①對不會到來的地震感到害怕而積極防災。
           
            ③有人因擔心地震而神經衰弱。
           
            ④制定法律來誰進地震對策,但10年了什么也沒有發生。
           
            [問2]②如果經常被告知危險的話,就變為一種普通的狀態而感覺不到危險了。
           
            ③被警告危險的話,生活會陷人混亂,所以不想知道這樣的事情。
           
            ④認為自然界充滿危險,這是通常的狀態,所以多少有點危險是當然的。
           
            [問3]①防災意識提高,對策順利進行。
           
            ②災害能夠預知,對策也就容易制定。
           
            ④雖然知道會發生災害,但對策毫無進展。
           
            文章大意的把握:
           
            自然災害即使能預知,民眾的防范意識似乎只能維持一時,之后就疏于防范。而這種對危害警示的輕視就是加大災害程度的一個重要原因。
           
            詞語注釋
           
            津波:海嘯。
           
            備える:準備,防備。
           
            うかうか:隨便,不注意,馬虎大意。
           
            盛り上がる:(氣氛)熱烈,高漲起來。
           
            以上就是日語培訓N1閱讀精講:防災意識(防災意識)的全部介紹內容,感謝閱讀!
           
            免費領取價值299元試聽課大禮包,詳情點擊 未名天日語課程免費試聽

          推薦閱讀

          日語培訓N1閱讀精講:ユースホステル(青年旅社)

          日語聽力學習的經驗與方法

           

           

          ?
          黄片网址在线